• athenekuwana

読解力は、好きな本を見つけるところから

更新日:3月27日

「読解力を上げたいなら本を読みなさい」

よく言われる言葉です。

学校の先生がお勧めの本を紹介されたり、お子さんに読ませたい本を渡される親御さんもいると思います。

本を読むのは確かに大事です。

ですが同時に、嫌々読んでいても読解力はつきません。

自分がつまらないと思う本を、

人に言われて嫌々読んでも、

流し読みになって、

文章としっかり向き合うことができません。

最終的には、

内容が頭に入ってこないで

眠たくなってきたりもします。

夢中になって本と向き合うからこそ読解力は上がるものだと私は思っています。

ですから、国語の文章題が苦手な子には、

その子の興味のある分野から本を選んであげてください。

(本人に選ばせてあげてもいいです)

挿絵の多い本でもいいですし、

児童文学でもいいです。

サッカー選手の伝記でもいいですし、

スポーツ科学の本でもいいです。

花についての本でもいいですし、

料理本でもいいです。

その子が興味を持てそうな本を、探し出してあげてください。

本が苦手な子は、

自分に合いそうな本を探すことも苦手な子が多いです。

子どもの興味を聞いて、

関心に沿った「よさそうな」本を

一緒に探してみるのも楽しいかもしれません。

まず、本を開くことに抵抗感をなくしてもらうこと。

本を楽しいと思ってもらうこと。

そこから、本と向き合う・書いてある文章をしっかり読むことが始まります。

「好きこそものの上手なれ」

まず、好きになれるように工夫をしてみましょう。


====================

寺子屋アテネの小学生の読書の授業では、

色々なジャンルの本を読みます。

生徒の好みに合わせた本も選びますが、

他の生徒の好みの本や、

生徒が普段読んでいないようなジャンルの本も授業中に織り交ぜます。

自分の興味のあるジャンルの他にも、

自分が選ばないような多種多様な本に触れることで、

普段読んでいる本と違う世界にも触れ、視野や世界観を広げられます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

好きな教科は宿題がすぐ終わるけれど、 嫌いな教科は後回し…。 好きな教科は楽しんで取り組めるけど、 嫌いな教科はとりあえず答えを見る…。 漫画は好きだけど、 小説は嫌い…。 よくある、好き嫌いです。 今日見た動画で、こんな話をしていました。 「大きな問題がやってきたときに、 困難から逃げる癖がついている人は、 逃げるパターンしか知らないから、 ずっと逃げ続ける」 「でもその問題は大抵、 過去の自分

今日は、成長の速度は直線(比例)ではなく、曲線(反比例) である人が多く、 伸び悩んでいる時期は力を蓄えている時期というお話をします。 こんな話を聞いたことはありますか。 成長は、「成長曲線」という名の通り、直線ではなく曲線で表されることが多く、 成長曲線は、ある一定の段階に来るまでは伸び悩んで、 ある一定の段階を過ぎると一気に伸びる。 植物だって、芽が出るまでじわじわと長い時間種の中で力を蓄えま

どの学年にも言えることですが、 工夫こそが自分の力を伸ばすことができる、勉強の本質だと思っています。 工夫・試行錯誤・対策を立てる というと、難しいことのように思えますが、 ちょっとした行動で結果は大きく違ってきます。 例えば、社会の授業で先生の話をノートのすみっこに書いて、 雑学と関連付けて記憶に残すようにして、 余裕があったら人名や用語の漢字を授業中だけで書けるように、2、3回書いておく。 英

文字ロゴ