• 寺子屋アテネ

問題の正解率が低い人の対策

ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿の中で、

人気のあった記事をピックアップしてお伝えしています。


今回は2019年7月25日のアメーバブログからの投稿です。

===========================


こんにちは。

新しい塾生も増え、

夏休みに入り特別授業も行っています。

最近、小・中・高校生の傾向を見ていて思うのは…

解き急ぐ子が多すぎる、です。

早く解こうとして、

問題はパパっと終わらせるのですが、

間違っている。

計算間違え・書き間違え・解き間違え

の三重苦。

学校でも、テストで解かせる問題数が多くなっている傾向にありますし、

進学校など、授業の進度が速いところは、考える暇なく進んでいくし、

急いで解く癖がついているんですね。

確かに入試は問題数も多いです。

ある程度のスピードも必要です。

でも、

時間かけて3問しか解けなかったけど、5問中3問正解するのと、

早く解いて4問間違えてて、5問中1問しか正解しないの、どちらがいいでしょうか?


解けるはずの問題もミスで失点する人と、

解ける問題は確実に獲得していく人では、

同じくらいの知識量でも、大きな差がつきます。


また、

解き急いでいる状態は、

自転車にちゃんと乗れてないのに早く漕ごうとしているのと一緒です。

優先順位は、

早くペダルを漕ごうとすること

ではなく、

ちゃんと前に進むようにゆっくり自転車の乗り方を学ぶことです。

少しずつ、解き方を理解する。

ゆっくり、文法を理解する。

そして、時間をかけて1問1問確実に解けるようになってくると…

問題に慣れてくるので、

自然と早く解けるようになります。

早く解くのは意識して早く解くのではなく、

結果的に早くなっているものなのです。

いつまでも早く解くところから入ってしまって、

間違ってばかりいると、

本当に解き方を理解していない問題が増えて、

どんどん分からなくなっていきます。

その前に、

立ち止まって、

時間のたくさんある夏休みを利用して、

1問、1問、自分の頭で考えて、

問題と向き合ってみよう。

========================

正解率が上がらない子の中には、

「いつも時間をかけずに解き急いでいるから、ケアレスミスをしやすい子」

「いつもなら当たり前に解ける問題をテストになると解き急いで間違える子」

もいます。

前者は、1つ1つ時間をかけて問題に向き合う練習、

後者は、テストの問題を全部解かなきゃという焦りから間違える子が多いので、

100点をまずは目指そうとしない練習をしてみてください。

30点しか取れないのであれば、次は50点確実にとる。

50点しか取れないのであれば、次は70点確実にとる。

全く分からない30点には手を出さず、取れる問題だけを

落ち着いて解いて、確実に正解する練習をしてみましょう。


学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​