• 寺子屋アテネ

読解が苦手な子への対策

ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿で、人気のあった記事をピックアップしてお届けしています。

今回は、2019年7月29日のアメーバブログからの抜粋です。

===================

こんにちは。

今日の小5の読書の授業は、

・小4の振り返り漢字テスト

「何で読書の授業なのに漢字やるの~?」

「漢字読めないと本読めないからね~」

「読み仮名ふってあるからいいじゃん」

「中学の教科書に読み仮名はふってません」

「まじで?」

「まじで」

というやりとりをしつつプリント3枚解いてもらって…

・故事成語プリント

「辞書で調べてもいい?」

「いいよ」

優秀優秀と進め…

・敬語プリント6枚

「めんどくさーい!」

「がんばれ!」

気合で解かせて

・脳トレテスト

楽しく解けるように計算されたゲームのようなテスト。

「これたのしい~」

ささっと解いて終わりました。

最後に、『羅生門』の2ページを印刷して、

色がついている単語に〇をして、

想像した色を書き込んで、

最終的に冒頭の話で浮かんだ風景を絵に描く。

ということをやりました。

小説の描写を、

カラーで頭の中で映像化できるように練習しておくと、

読解が深まります。

具体的には、

小学生のうちは、

情景描写がしっかりした文章を2ページくらい抜き取って、

〇をつけて色を書き込み、

最終的に2ページに出てくる情景描写を絵で描く

というのを時々やらせる。

小2、小3、小4では絵付きの読書感想文を授業のたびに書くのですが、

学年が上がってきたら、ちょっと難しい文章で行います。

正確に情景描写を読み取って描けるようになれば、

正確に心理描写も読み取り易くなります。

読書が苦手な子は、ひとつひとつの文章を丁寧に読むことが苦手です。

正確に情報が読み取れないのです。

あるツイートで、

「国語苦手な子に、

レシピ本を使って親に聞かずにその通りに料理を作ってみよう。

と言って何ヶ月か実践してもらったら

数学と国語の点数が上がった」

というのがありました。

これは、正確に情報を読み取る能力が上がった結果です。

レシピ本でも、お絵かきでも、読解力が上げられる。

身近なところから、少しずつ。

苦手を克服していきましょう。

===========================

料理本通りに料理を作る、文章で書いてあることをお絵かきすることの他にも、

スポーツ好きな子はスポーツ選手の本を読む、

宇宙が好きな子は宇宙の本を読む、

ゲームが好きな子は有名なゲーム開発者の本を読む…。

好きな分野について書いてある文章を熟読させるのも効果的です。

まずは楽しんで、苦じゃなく、面白いと思ってできることが大切だと感じています。


学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​