• 寺子屋アテネ

答えじゃなくて、考え方を理解する

ピックアップブログでは、過去にSNSで人気のあった投稿に手を加えてご紹介します。

今回は、2019年8月2日のアメーバブログからの投稿です。

========================

小学生の問題を家で解いていて、

1+2+3+…+10ってどうやって解けばいいんだっけ?

と母に聞いたら、

55じゃん。

と返答があり、

答えが知りたいんじゃなくて、

答えが出るまでの考え方を教えてほしい、

となりました。

塾で他の先生に聞いたら、

ひっくり返した同じ数を足して

1+  2+3+…+10

10+9+8+…+1

11+11+11…+11

11が10個ある。同じものをひっくり返して2つ足したので2で割るため、

(1+10)×10÷2=55

となると教えてもらいました。

答えが知りたいんじゃなくて、

他の問題も解けるように、根本的な考え方が知りたいんだけどなぁ…という悩みは

学校でも発生します。

答えしか載ってない問題集…

先生の説明が理解できずにとりあえず写して丸暗記したノート…

親に聞いて答えだけ返ってきたり…

途中の考え方を理解すれば、

類題やちょっとひねった応用問題も解けるようになります。

しかし答えを理解しただけだったら、

いつまででもその問題しか解けません。

これが、

アテネが生徒に教える上で大切にしている姿勢、

答えが合っていればいいいのではなく、

過程の解き方が大切

につながります。

答えが合っていても、

ちゃんと途中過程を理解していなければ、

本当の意味で「問題が解けた」とは言いません。

解き方を理解する。

仕組みを理解する。

理論を理解する。

原理原則を理解する。

この姿勢を、これからも大切にしていきたいと思います。

==========================

同じ原理で、よく授業でも答えだけ、

式も飛び飛びで説明の言葉も書かず手抜きで写すだけの子は、なかなか成績が伸びませんし、問題も解けるようになりません。


ノートを無意識で手抜きをしている子は、意外と多いです。

問題への理解が進まないだけではなく、小学生・中学生ではノートを提出することもあるので、提出点も低くなります。


なので、まず初めの一歩として、「ノートをしっかり取ること」を心がけてみましょう。


もう一歩踏み出すと、黒板に書かれた情報以上を書き込むことも大切になります。


途中の考え方を理解するための工夫はノート以外にもいろいろあります。

自分なりのやり方を試してみましょう。

学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​