• athenekuwana

何のために勉強をする?

更新日:3月27日

ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿から、重要だと思ったものに手を加えてお届けしています。

今回は、2019年9月27日の投稿からお届けします。

===========================


あなたは何のために勉強しますか?

小学生は…

親に褒めてほしいから。

周りの子に自慢したいから。

おこづかいがもらえるから。

中学入試のため。

とかでしょうか。

中学生は、

順位が1番だと気持ちがいい。

志望校に受かりたいから。

学ぶことが楽しい。

親に勉強しろと言われる。

など。

高校は、

勉強しないと怒られる。

いい大学を目指して。

模試でいい成績を取ると安心できるから。

周りよりできないと劣等感を感じるから。

将来の夢のため。

などなど…。

勉強が好きな子も嫌いな子も、一度、

「自分がなぜ勉強するのか」

を考えると良いことがあります。

勉強が好きな子で多いのは、

「自尊心を満たすために勉強をしている子」

です。

周りに自慢したいから、

親に認められたいから、

勉強をする。

目的は学ぶことではなく、

「いい成績を取り、いい高校(大学)に行って、

自分はすごいと感じたい」

ために勉強をしています。

それもひとつの、

認められ方かもしれません。

でも、それでは、

「じゃあ、成績が落ちた時に自分には価値がないのか?」

ということになります。

自尊心のために勉強をしている子は、

成績が伸び悩むと、

一気に不安定になります。

勉強できない自分なんて価値がないと思っているから。

だから、睡眠時間を削って無茶な勉強をしたりします。

いい高校(大学)に行かないと価値が無いから。

そして、いい大学に入ったことをとっても誇りに思って社会に出たりします。

肩書や学歴に重きを置いていると、

そのままの自分に価値を見出せなかったり、

人を肩書でしか判断できなかったり、

自分の価値も肩書でしか確認できなかったりします。


自分以外のところに価値を見出すから、

その価値観が通用しないと、崩れやすいです。

そういう人には、

「自分は例え何をしてなくても価値がある。

自分が笑って気持ちよく生きていられる生活をする」

ことも大切だと感じてほしいと思っています。

でも、これを未成年の子に分かってもらうのは至難の業…。

家庭環境や学校での生活、

色々複雑に絡み合っての人格なので、

外野がどうこう言っても何も変わりません。

せめて、アテネで

「解ける楽しさ」

「知らないことを知る楽しさ」

「考える楽しさ」

を感じてほしいと思って授業をしています。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

好きな教科は宿題がすぐ終わるけれど、 嫌いな教科は後回し…。 好きな教科は楽しんで取り組めるけど、 嫌いな教科はとりあえず答えを見る…。 漫画は好きだけど、 小説は嫌い…。 よくある、好き嫌いです。 今日見た動画で、こんな話をしていました。 「大きな問題がやってきたときに、 困難から逃げる癖がついている人は、 逃げるパターンしか知らないから、 ずっと逃げ続ける」 「でもその問題は大抵、 過去の自分

今日は、成長の速度は直線(比例)ではなく、曲線(反比例) である人が多く、 伸び悩んでいる時期は力を蓄えている時期というお話をします。 こんな話を聞いたことはありますか。 成長は、「成長曲線」という名の通り、直線ではなく曲線で表されることが多く、 成長曲線は、ある一定の段階に来るまでは伸び悩んで、 ある一定の段階を過ぎると一気に伸びる。 植物だって、芽が出るまでじわじわと長い時間種の中で力を蓄えま

どの学年にも言えることですが、 工夫こそが自分の力を伸ばすことができる、勉強の本質だと思っています。 工夫・試行錯誤・対策を立てる というと、難しいことのように思えますが、 ちょっとした行動で結果は大きく違ってきます。 例えば、社会の授業で先生の話をノートのすみっこに書いて、 雑学と関連付けて記憶に残すようにして、 余裕があったら人名や用語の漢字を授業中だけで書けるように、2、3回書いておく。 英

文字ロゴ