• 寺子屋アテネ

ケアレスミス先生は工夫を教える

最終更新: 2019年11月22日

過去のアメブロ記事で人気のあったものを紹介します。

ケアレスミスについての記事の第二回目です。


========================

2019年5月10日の投稿。

以前、ケアレスミス先生チャレンジをするよという記事を書きました。

(詳細はひとつ前の「アメブロピックアップ記事」をご覧ください)


今日は進捗があったので、報告をするとともに、


なぜ私がケアレスミスに「先生」をつけているのか、お話したいと思います。


なぜ、「ケアレスミス先生」なのか。


それは、うっかりミスを直すというのは大変苦労のいることで、

そのミスを直すことで人は大きく成長すると考えているからです。

ケアレスミスはもったいない、悪いことかもしれない。


でも視点を変えてみて下さい。

このつまずきを克服出来たら、きっとものすごく成長する…!


うっかりミスに対する特効薬はそれぞれで、

他人から言われて直せるものではありません。

自分で考えて、試行錯誤してやっと直るようなものです。


ケアレスミスは、人に大きな課題を与えてくれる、先生なのです。


今日、小学6年生の子が、劇的に変化をしていました。


よく、小さな計算ミスをする子だったのですが、


いつのまにか計算ミスが無くなっている…!

よく見ると、問題を解いた後にもう一度計算式を確認しているようです。


わーーー!すごい!よく考えたね!

と大興奮で、

「これって自分で見直そうと思ったの?」

と聞いたら、

「見直したら計算ミスがなくなるかと思って、自分で…」

と!!!


「どうやったらミスが少なくなるか、自分で考えてみる」

のはとっても大切なことです。


人に言われて見直すのでは、

面倒くさい…

そんなことしなくても…

という気持ちが入り、なかなか思ったようにミスは直せません。


自分で考えて、色々試してみる。

そして少しずつ精度を上げていく。

ケアレスミス先生の学び方です。


しかし、一難去ってまた一難…。

最後の方に、数字の写し間違えのミスがありました。


そういうときは、自分を責めるのではなく、

冷静に赤ペンでチェックして、

自分の記憶に刻み込む。


そして、また新たな工夫を考える。

「人間は考える葦である」

パスカル

ですね。

========================

ケアレスミス先生には傾向がありますが、

ケアレスミスを直すには

「自分で」その傾向に気づいて、

「自分で」どうしたら直るのか試行錯誤することが大切です。


ほかの人に注意されても、

自分事ととらえられなかったら、

いつまでもミスは直りません。


また、ミスの直し方も、人によって合う合わないがあります。

自分に合う方法は、自分にしか分からない。


寺子屋アテネでは、色々な選択肢を教えますので、

それをもとに試行錯誤しましょう。


学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​