• athenekuwana

自分で間違いが見つけられることの大切さ

ピックアップブログでは、過去のアメブロ記事で大切なものを、手直しして掲載しています。

=========================


こんにちは。

寺子屋アテネです。

数学(算数)の授業中、

集中のムラがすごくて、

みんな途中で色々なミスをします。

写し間違え。

途中で数字が変わっている。

計算間違え。

見間違え。

約分し忘れ。

etc…。

間違えたら、間違えた個所をどこと言わずに、

「間違ってるよー。自分でどこが間違ってるか考えてみな~」

とノートを返して、

自分でどこが間違ってるか考えてもらうのですが、

計算間違いの沼にはまってしまうと

集中力も切れてしまい、

えー!?どこ!?わかんない!!

先生教えて~!

どこ間違ってるの~!?

と甘えたモードになる子も多いです。

そこで、生徒にはこんなお話をします。

「自分で間違えを見つけられなかったら、

見直しできないよ。

見直しできないと、テストでも

間違いを見つけられないまま終わって、

間違ったまま提出しちゃうよ!」

見直しを自分でできるようになること。

自分で自分の間違えを見つけられること。

例え集中力が切れていて、

ミスばかりでも、

そのミスを見つけて直せること。

見直しの練習をして、

間違いが見つけられるようになれば、

社会でも重宝しますし、

小学・中学の頃は見直しの時間が取れる子が多いと思うので、

テストで正解の精度を上げるのにも役立ちます。

(高校では、時間ギリギリで解けるかくらいの問題設定が多いので、

見直す力より、最初から間違えずにきっちり解く力が求められます)

色々自分なりに、試行錯誤をしてみて、

自分で自分の間違いに気づけるようになりましょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示