• athenekuwana

自分で間違いが見つけられることの大切さ

更新日:3月27日

ピックアップブログでは、過去のアメブロ記事で大切なものを、手直しして掲載しています。

=========================


こんにちは。

寺子屋アテネです。

数学(算数)の授業中、

集中のムラがすごくて、

みんな途中で色々なミスをします。

写し間違え。

途中で数字が変わっている。

計算間違え。

見間違え。

約分し忘れ。

etc…。

間違えたら、間違えた個所をどこと言わずに、

「間違ってるよー。自分でどこが間違ってるか考えてみな~」

とノートを返して、

自分でどこが間違ってるか考えてもらうのですが、

計算間違いの沼にはまってしまうと

集中力も切れてしまい、

えー!?どこ!?わかんない!!

先生教えて~!

どこ間違ってるの~!?

と甘えたモードになる子も多いです。

そこで、生徒にはこんなお話をします。

「自分で間違えを見つけられなかったら、

見直しできないよ。

見直しできないと、テストでも

間違いを見つけられないまま終わって、

間違ったまま提出しちゃうよ!」

見直しを自分でできるようになること。

自分で自分の間違えを見つけられること。

例え集中力が切れていて、

ミスばかりでも、

そのミスを見つけて直せること。

見直しの練習をして、

間違いが見つけられるようになれば、

社会でも重宝しますし、

小学・中学の頃は見直しの時間が取れる子が多いと思うので、

テストで正解の精度を上げるのにも役立ちます。

(高校では、時間ギリギリで解けるかくらいの問題設定が多いので、

見直す力より、最初から間違えずにきっちり解く力が求められます)

色々自分なりに、試行錯誤をしてみて、

自分で自分の間違いに気づけるようになりましょう。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

好きな教科は宿題がすぐ終わるけれど、 嫌いな教科は後回し…。 好きな教科は楽しんで取り組めるけど、 嫌いな教科はとりあえず答えを見る…。 漫画は好きだけど、 小説は嫌い…。 よくある、好き嫌いです。 今日見た動画で、こんな話をしていました。 「大きな問題がやってきたときに、 困難から逃げる癖がついている人は、 逃げるパターンしか知らないから、 ずっと逃げ続ける」 「でもその問題は大抵、 過去の自分

今日は、成長の速度は直線(比例)ではなく、曲線(反比例) である人が多く、 伸び悩んでいる時期は力を蓄えている時期というお話をします。 こんな話を聞いたことはありますか。 成長は、「成長曲線」という名の通り、直線ではなく曲線で表されることが多く、 成長曲線は、ある一定の段階に来るまでは伸び悩んで、 ある一定の段階を過ぎると一気に伸びる。 植物だって、芽が出るまでじわじわと長い時間種の中で力を蓄えま

どの学年にも言えることですが、 工夫こそが自分の力を伸ばすことができる、勉強の本質だと思っています。 工夫・試行錯誤・対策を立てる というと、難しいことのように思えますが、 ちょっとした行動で結果は大きく違ってきます。 例えば、社会の授業で先生の話をノートのすみっこに書いて、 雑学と関連付けて記憶に残すようにして、 余裕があったら人名や用語の漢字を授業中だけで書けるように、2、3回書いておく。 英

文字ロゴ