• athenekuwana

子どもの頃に大好きだった本

更新日:3月27日

インスタグラムの記事の中で、人気のあった投稿をピックアップしてお届けします。

===============

一世を風靡した、ハリーポッターシリーズ。 今の子は映画は見たことがあっても

原作は読んだことがない子も多いみたいですね。

生徒には、 分厚いから嫌! と言われましたが、 この分厚さが面白いんだよー。 そのうち分厚い本の魅力も分かるよー。 と思っております。

夢中になって、眠らずに読んだなぁ。

このヘドウィグとドラゴンのイラストも、味わい深くてしみじみとします

=================

指輪物語、ハリーポッター、ダレンシャン…。

30代より上の世代は、「分厚い児童書」に触れていたような気がします。

分厚ければ分厚いほど良い。

世界観が濃ければ濃いほど良い。

そんな人も多いのではないでしょうか。

かくいう私もその一人です。


寝るのも惜しんで読んだ本。

続きが気になって急いで家に帰った本。


分厚い本には本以上の思い出があるような気がします。


今の子たちにも、

続きが気になって眠れない体験をしてほしい。

本の魅力を知ってほしいと思います。


一世を風靡する名作、

生まれないかなー。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

好きな教科は宿題がすぐ終わるけれど、 嫌いな教科は後回し…。 好きな教科は楽しんで取り組めるけど、 嫌いな教科はとりあえず答えを見る…。 漫画は好きだけど、 小説は嫌い…。 よくある、好き嫌いです。 今日見た動画で、こんな話をしていました。 「大きな問題がやってきたときに、 困難から逃げる癖がついている人は、 逃げるパターンしか知らないから、 ずっと逃げ続ける」 「でもその問題は大抵、 過去の自分

今日は、成長の速度は直線(比例)ではなく、曲線(反比例) である人が多く、 伸び悩んでいる時期は力を蓄えている時期というお話をします。 こんな話を聞いたことはありますか。 成長は、「成長曲線」という名の通り、直線ではなく曲線で表されることが多く、 成長曲線は、ある一定の段階に来るまでは伸び悩んで、 ある一定の段階を過ぎると一気に伸びる。 植物だって、芽が出るまでじわじわと長い時間種の中で力を蓄えま

どの学年にも言えることですが、 工夫こそが自分の力を伸ばすことができる、勉強の本質だと思っています。 工夫・試行錯誤・対策を立てる というと、難しいことのように思えますが、 ちょっとした行動で結果は大きく違ってきます。 例えば、社会の授業で先生の話をノートのすみっこに書いて、 雑学と関連付けて記憶に残すようにして、 余裕があったら人名や用語の漢字を授業中だけで書けるように、2、3回書いておく。 英

文字ロゴ