卒業生の足跡

アテネの卒業生の軌跡をご紹介します。

森田好樹君のこと

 森田好樹君が亡くなったのは2008年6月、享年57歳でした。それ以降、アテネの同級生の訃報に接することが増えてまいりました。そういう今ですので、彼の足跡の一部を紹介しておきたいと思います。

 好樹君は五人きょうだいの末っ子。小児麻痺の後遺症を患う次兄を家族全員で支える姿を見ながら育ちました。両親は当時最新の治療を受けさせたのですが、次兄の症状はほとんど改善されませんでした。

また、自身と長兄も喘息に長年苦しんでいました。その彼が小児科医を目指したのは当然のことだったのかもしれません。

大阪大学医学部を卒業。大手前病院での臨床研修を修了した後、市立堺病院(現・堺市立総合医療センター)に奉職。小児科を担当しました。

1996年7月、堺市の児童7892人に腸管出血性大腸菌O157による集団下痢症が発生した時には何日間にもわたって院内に泊まり込んで診療に当たりました。

病室に入りきれない患者が長椅子や廊下にあふれる、過酷な医療現場に彼はいました。不眠不休に近い状態で児童の救命に専念する彼の健康を案ずる妻に「人間、倒れてもやらなくてはならないことがある」と応えました。

 彼の仕事は医療だけに留まりませんでした。国立病院の院内学級の閉鎖が決まり病院内で暮らす子供たちから教育の機会が奪われそうになった時、市立堺病院に院内学級の開設を実現させました。

その後も児童虐待防止に関する専門委員を務めるなど、亡くなるまで堺市の教育行政に協力し続けました。

地域に対する長年の貢献に御礼を申し上げたいと、告別式の日の早朝、教育委員会の方がお別れにやって来られたのでした。

 

 病室から通学する児童を見送るために早めに彼は出勤しました。

先生に「いってらっしゃい」と声かけしてもらうことで、愚図らずに笑顔で出かけられるからだそうです。入院児童の身体の健康だけでなく心の成長と情緒の安定にも気づかっていました。

 勤務医を退いた後の選択肢として、無医村に妻と共に住み、診療所の医師として働くことも考えていました。

医学部のサークル活動として、看護学生とともに何度も四国の無医村に足を運んでいたのです。

臨床研修修了後すぐに僻地医療に従事することを望んだ彼でしたが、父親の猛反対に遭い地域医療の道に進むことにしました。サークルの仲間たちも複数が彼と同じ地域医療を選んだと聞いています。

 骨に転移した癌の痛みに耐えながら、海外研修に出た長女の帰りを彼は待ちました。

病状悪化の知らせを受け取った長男も続いて初任者研修先から枕元に駆けつけました。その彼の頭を撫でながら言葉をかけた後、やっと緩和ケアの処置を願い出ました。

痛みとともに意識が薄らぐ前に、妻に伝えた最期の言葉は「ごめんな」でした。

 葬儀には患者さんとその父兄を始め、驚くほど多くの病院関係者が参列されました。

その中には、親御さんが押す車椅子に乗って酸素吸入をしながらやって来た子供の姿もありました。

院内学級で学んでいる子かもしれません。一時外出の許可を得て病院から来られたのだと思いました。

通夜と告別式の二日間で、医師として彼が多くの人たちに心底から尊敬され慕われていたことを知りました。

 「父は患者さんの苦しみを自身のものとして生きた」。この言葉、自ら癌と戦いながらも患者さんの気持ちと痛みに寄り添い続けた晩年の姿勢だと告別式の時には思っておりました。

しかし、健康だった頃も含め彼が残した足跡のいずれからも、この姿は浮かび上がってきます。

「我が子たちをハンセン病の患者さんに会わせてあげたい」と彼は妻に語りました。

彼が医師として終生大切にしていた弱者に寄り添う心を家族はよく理解していました。

その尊敬の気持ちを遺族代表の挨拶に込めるとともに旅立つ父への別れの言葉に表したのでした。

 私たちの恩師、西塚茂雄先生は堺市でのO157事件を知ることもなく1992年7月に逝去されました。

もし、ご存命だったら、医師として立派に成長した教え子の活躍を後輩たちに、まず「あの子はすごかったねえ」と前置きして、誇らしく授業の中で紹介されたと思います。

僕たちは西塚先生のそんな脱線話をいつも楽しみにしていました。

 お二人の姿を偲びつつ、合掌したいと思います。

 2019年10月30日

森田哲夫

森田好樹さん

プロフィール

1950年10月、三重県桑名市に生まれる。

桑名市立益世小学校、桑名市立明正中学校、三重県立四日市高等学校を経て、大阪大学医学部を卒業。

2008年6月、市立堺病院副院長在職中に逝去。

森田哲夫さん

プロフィール

1950年11月、三重県桑名市に生まれる。

桑名市立精義小学校、桑名市立光風中学校、三重県立四日市高等学校を経て、京都大学農学部を卒業。

農学博士。宮崎大学名誉教授。森田好樹氏の従弟にあたる。

両名ともに小学校6年生より高校2年生までアテネ学習会で学んだ。

 

追記

 本稿は幸子夫人および従兄姉たちからの聞き取りに私の見聞を加えて構成した。文責はすべて筆者にある。

学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​