ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿から、重要だと思ったものに手を加えてお届けしています。


今回は、2019年9月18日の投稿からお届けします。

======================

やるか、やらないか、迷うことはありませんか?

例えば、

手の届かない志望校を目指している。

もうちょっと偏差値の低い大学探そうかな…。

この部活大変そうだけど素敵な先輩たちがいる。

けど勉強のことも考えると、他の部活にしようかな…。

やらなくて後悔するより、やって後悔する方がいい。

そういう人もいるでしょう。

でも、こうも思うのです。

やれる量には限度がある。

時間は有限、特に若い時の時間は短いんだから、

本気度、優先順位で

低いものは手を抜いてもいいのではないか?

他に本気でやりたいことがあるなら、

優先順位が低いことは、楽してもいいのではないか?

例えば、スポーツ選手を目指していたら

勉強をしなくていいとか、そういうことではありません。

スポーツも勉強も両立するのは難しい。

スポーツを優先したい。

でも、スポーツをするために必要な勉強はたくさんあります。

例えば、

スポーツの分析をするための数学・物理も必要。

スポーツ科学も学びたいなら、その知識もいる。

世界で活躍するようになるから、英語をがんばる。

日本の代表として世界の選手と交流するなら歴史は知っとかないといけない。

インタビューに答える国語力は必要。

etc…。

自分のキャパシティとすり合わせて、優先順位をつける。

力を入れる科目を自分で選ぶ。

あれもこれも全てやるのではなく、

どれを選んで、どれを手を抜くか。

そういう要領の良さも大切だなぁと思います。

手の届かない志望校を目指している。

もうちょっと偏差値の低い大学探そうかな…。

と迷っているのだったら、大学で何をやりたいのかを改めて考えてみる。


もし志望校に落ちたら他に条件に当てはまる私立はあるのか・浪人はOKなのか、考えて、

やっぱりこの大学でしか学べない!と思ったのだったら必死で勉強をする。


迷ったら一度、「本当にこの大学でいいのか?」を徹底的に考え直すと、やる気やモチベーションも上がります。


(本音を言うと、偏差値で届くか届かないか考える前に、12月くらいまではバリバリ勉強した方がおすすめ…。12月くらいで急に点数が伸びて志望校に行ける子も多いです)

調べてるうちに、あちらの大学の方が面白そう!となる場合があります。


その時は、方向転換するのもひとつの手です。

物事の判断基準は「この大学で自分のしたいことが学べるのか」

この部活大変そうだけど素敵な先輩たちがいる。

けど勉強のことも考えると、他の部活にしようかな…。と迷っている場合は、高校の部活は、人生に1度しかありません。

ですが、積極的で時間も長い部活だと、勉強に割く時間が減るので、両立が難しいのは確かです。

色んな事を加味して、優先順位を考えます。

あの手この手を尽くして考えて、

必要なものを選び取ってみてください。


しっかり自分で考えて、選択した結果なら、

どんな結果でも、自分のいい経験になると思います。

ピックアップでは、過去のSNSから大切だと思った記事を手直しして再度お届けしております。


今回は、2019年9月16日のアメーバブログからの紹介です。


=========================

最近大切だと思うことは、

「継続する力」です。

コツコツ力。

目標に向かって、計画を立てて、こつこつやる。

いっぱいやることがある中から、優先順位をきめて、順番に行う。

自分のやる気を上げながら、積極的に行う。

こつこつやるには、集中力が大切です。

気もそぞろだと、作業は進みません。

集中力は一朝一夕ではつかないので、子どものころからの下地が必要を作っておくと楽です。

では、子どもは集中力をどこでつけるのか?

部活。学校の勉強。受験。遊び。ゲーム。好きなこと。

どれでも構いません。

興味のある分野に熱中することが、一番自然に集中力がつくと思います。

立てた目標に対して、計画し、遂行する力。

これも、いろんな方法を通して身に着けることができます。

遊びを通して身に着けることも可能だと思います。

勉強でも集中力や目標達成力は養えます。

今まで勉強してきた時間は無駄ではなく、

集中力と継続力、遂行力をつけるためと思ったら、

少しは勉強がすきになるかな~と思うのです。

仕事でもそうですが、

得られるスキルが分かっていると、やる気が少し出ますよね。

ただダラダラ目的もなく勉強するのではなく、

勉強に意味を見出してほしい。

勉強に対してやるぞ!と思ってほしい。

何かを得てほしい。

受験だけが勉強ではありませんし、

テストで100点取ることが勉強ではありません。

今行っていることから、何を学びたいか考えて、習得すること。

それが勉強だと思います。

自分なりの、勉強をする意味を見つけて欲しいと思います。

  • 寺子屋アテネ

ピックアップでは、過去のSNSの投稿の中から大切なことが書いてある記事を抜き出して加筆修正し、お届けしています。


今回は、2019年8月20日のアメーバブログの記事をご紹介します。


==================================

今日は小学5年生の数学で素因数分解を行いました。

ただ、問題を解くだけなく

「エラトステネスの篩」

についても説明しました。

「エラトステネスの篩」は

素因数分解をしなくても、

素数が分かるというもの。

解説をして、

図を写してくださいね~。

と言ったのですが、

うまく写せず、

3回も書き直しが発生した子がいました。

「も~!!!!最悪~!!」

といいながらも、その子は笑顔。

周りの生徒も「まじかよ~。どんまい」

と言いながら笑顔です。

この、笑顔って、

結構大切だと思うのです。

笑顔って、心に余裕があるから出るものです。

受験の時に問題を間違えて、

笑える人はたぶん居ません。

一問の正誤が生死を分けるし、

余裕がないからです。

でも、日々の勉強に余裕はとても必要です。

ぴりぴりしたり、焦りながら勉強をしていたら

精神が持たないし、

何より脳は、緩んでいる時に記憶力や集中力が高まります。

ある程度のリラックスは大切。

笑いは、緊張をほぐす効果的なツールです。

3回書き間違えて、

「まじむかつく」

と、本気でキレてしまったら、

そこからの発展・学びはなかなか難しいです。

「も~!!最悪~~!!」

と笑顔で言える余裕に、よしよし、

これからも笑顔で頑張ろうな、

という気持ちになると同時に、

改めて、勉強する側だけでなく、教える側にも、

心の余裕や穏やかさが大切だよ、

と教えてもらった気持になりました。

学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​