• 寺子屋アテネ

ピックアップブログでは、過去のSNSで人気のあった記事をピックアップしてお届けします。

本日は、2019年7月15日のアメーバブログからご紹介します。

========================================

こんにちは。

今回は、数学を伸ばす方法についてお話したいと思います。

アテネには、数学が苦手で…と入塾される生徒さんも在籍しています。

受験が近づいているから、急いで点数を上げたい!というリクエストもあります。

数学が伸び悩んでいるお子さんに多いのは、

途中式を書かずに答えだけ書いている、

というものです。

答えだけ書く書き方は、

いわば、

起承転結の流れがあるのに、

起(問題)

結(答え)

だけ書いて、答えだけあってればよしという解き方です。

でも、中学生試験も、高校の定期試験も、書くべきところは答えだけだよ?

という方もいるかもしれません。

それでもなぜ途中式をきっちり書かないといけないのか、

必要性についてお話したいと思います。

まずひとつめは、

答えだけ書くと、

答えが間違っていた時に、どの工程で間違っていたかが分からない。

なので、答えを間違っていても、正確な分析と対策ができません。

答えが合っていない時、

間違っている箇所は1か所だと思われがちですが、

数学が苦手な子は、

そももそもの考え方が理解できていなかったり、

あ、そこも違う!

ついでに計算間違えもしている!といった感じに

ひとつの問題につき複数間違っている箇所があります。

途中式も丁寧に残していると、

自分の解っていないところが明らかになって、

対策が打てます。

逆に途中式を書いていない子は、

自分がどこで間違っているのか、

正確に理解できていないのです。


正確に理解できていないから、

いつまでも同じような問題が解けないのです。

ふたつめは、

頭の中で計算すると、間違えやすい問題で絶対間違える、という点です。

これは簡単だから解けるだろうな~という問題は解けるのですが、

ちょっと捻っていてひっかけがあるな、という問題の”罠”にまんまとひっかかります。

これは、丁寧に途中式を書きながら、段階を踏んで解いていたら回避できる問題です。

テストにでるような問題は、ちょっと捻っている問題が多いです。

その捻りに惑わされて、点数が伸びない子が多いのです。

そしてみっつめは、

大学入試を意識した答案を作る練習をする。

大学入試、センター試験から、まだどのような形になるかは定まっていませんが、

大学の赤本を見ると分かります。

国公立の数学の答案は記述式がほとんどということに。

記述式では、書き方が整っていないと答えが合っていても減点になります。

勉強は基礎が大切です。

日頃から、記述式の問題を作っていない子が、

試験で記述式の答案を作れるはずがありません。

定期テストの点数は良くても、

入試で思ったように点数が取れない子の典型例です。

どんな簡単な問題でも、

しっかり途中過程を書く。

そして、間違っていたらその途中過程を元に分析をして、

理解できていないところをあぶりだす。

うっかりミスなどが多い場合は、

なぜミスが多いか、

途中過程から

傾向と対策を考える。

ちょっと捻った問題も、

紙に描いて、

目で確認しながら

慎重に進めていく。

途中式を丁寧に書くことは、誰でも出来る上達への近道です。

でも、数学が苦手な子ほど、やっていなかったりします。

答えが合っていることが、

正解じゃない。

途中の過程まで理解できていて、

初めて他の問題にも応用ができるようになる。

数学が伸び悩んでいる子は、

途中式もしっかり書く、クセづけをぜひやってみてくださいね。

=====================================

これと同じ原理で、「授業のノートは初心者が見ても分かるように丁寧に説明を書く」ことが大切です。

ノートを見返すときは、たいていその分野のことを忘れている時です。

忘れていても、読めば分かるようにノートを取っておけば、見直した時の理解も早いです。


忘れていても、分かるようにって、具体的にどうやって?と思われる場合は、

「授業を休んでいる友達にも分かるようにノートを取る。そのノートを友達に貸すつもりで丁寧にたくさん解説を加えて分かりやすくする」

を意識してみて下さい。



ピックアップブログでは、

過去のSNSの中で人気のあった記事をピックアップして紹介しています。


今回は、2019年7月12日のアメーバブログに掲載したものです。


こんにちは。

今日は読書の先生が体調を崩されたので、

小3の読書に臨時で入ってきました。

今回は、「絵を文章で表現する」ことを学びました。

絵描き歌を学ぶところから、

絵を文章で説明する練習をしました。

草原にあぜ道があって、

ひまわりが5本生えていて、

女の子が道を歩いている、

空は真っ青で雲が真っ白。

…のような感じ。

文豪、夏目漱石の文章は、

鮮やかな色彩表現と、

繊細な風景描写が、

その独特な世界観を作り上げています。

絵が想像できるような文章を書く練習は、

「伝える力」を強めるのに役立ちます。

絵を文章にすることに慣れたら、

生徒それぞれに違う絵を渡して、

自分の絵を見て書いた文章を他の子に伝えて、

伝えられた子は渡された絵の通りに描けるか実験をしました。

鳥がいるとは書いてあるけど、飛んでいると書いてなかったために

鳥が歩いてたり…

風船の中に星があると描き忘れたために

星が外に出たり…。

きちんと伝わるように書く、ということの奥深さが

分かってもらえたらいいなーと思います。

===========================

社会に出て、新人の時にまず求められるのは、

「自分の状況を伝わるように説明する力」です

・ここがこう分からない

・仕事がここまで進んでいる

・お客様にこんなことを言われたがどうすればいいか

・ここができないから教えてほしい

お客様の状況、仕事の進捗、理解の状態

それをきちんと、わかるように、相手に伝える。

「自分の言いたいことを、齟齬なく相手に伝える」

というのは、簡単なようで、とっても難しいことだと思っています。

スムーズに伝えるには、

「誰にでもわかるように伝えること」

これは私もかなり苦手で、今も勉強中のスキルのひとつです。


今のうちに、勉強を通じて、学べると将来大変役に立つと思います。

しばらく、オンライン対応で業務量が増えたため中止していたピックアップブログを、

だいぶ業務にも慣れてきたため、再開します。


ピックアップブログとは、

寺子屋アテネのアメーバブログの過去の投稿、

過去のインスタ投稿から、

人気のあったものをピックアップしてお届けするというものです。


再開、1回目は、2019年7月12日のアメーバブログからの引用です。

=======================



こんにちは。

寺子屋アテネです。

小3の読書レポ、その②~!

前半の授業では、文章で絵を伝えるということをやりました。

(前半の記事は次のピックアップブログでご紹介します)

後半の授業では、願いは叶うことを日常で感じて欲しいと思い、

お願いごとを叶えるシートを作りました。

〇今日・明日・明後日でかなえたいこと

〇7月にかなえたいこと

〇夏休みにかなえたいこと

〇_______に叶えたいこと

(好きな未来の時期を入れる)

それぞれ3つずつ書いてもらいます。

・外で野球がしたい

・マンゴージュースのみたい

・夏休みの宿題減らしてほしい

・今のスイミングの先生と変わってほしい

・野球選手になりたい

さまざまな願いが出てきます。

それに対して、

〇今日・明日・明後日にかなえるためにやること

〇7月にかなえるためにやること

〇夏休みにかなえるためにやること

〇_______に叶えるためにやること

を考えます。

・外で野球がしたい

→そのために宿題を終わらせる

・マンゴージュースのみたい

→マンゴー買ってきて作る

・夏休みの宿題減らしてほしい

→やったらやった分だけ減る!(ひらめいたように)

・今のスイミングの先生と変わってほしい

→水泳頑張って上のグループに進級する

・テレビをずっとみたい

→そのためにやること終わらせる

・野球選手になりたい

→練習頑張る

夏休みの宿題減らしてほしいに対して、

やったらやった分だけ減るじゃん!

とひらめくところが、

天才か。

野球やる前に宿題終わらせるという発想に、

良い子や。(親御さんの教育すげぇ)

マンゴージュースを買わずに作るという発想に、

何それ私も飲みたい。

と、無限の可能性を感じると共に、

人は誰しも望みを叶える力を持っていると

改めて思いました。

もう、なんつーか。

天才。

うちの生徒は天才。

そしてそんなお子さんを育てた親御さんも天才。

教師馬鹿でもなんでもいい。

その素敵な考え方に、勇気をもらった…。

授業は生徒から学ぶことも多くて、

いつも新しい発見で一杯です。

========================

「自分は、やりたいと願ったことを達成できるんだ」

ということを何回も経験し、感じることが、成功体験を積み重ねるということです。

成功体験の積み重ねは、自己肯定感につながります。

自己肯定感が純粋に高いと、いいことがあります。

いいこととは、自己肯定感が高い=意識の土台がしっかりしているので、

批判されても動じにくいし、

意識に余裕があるので、困っている周りに手を差し伸べたり、

多数の意見に流されず、周りは周り・自分は自分と割り切れたり、

失敗しても何か学ぶことを掴んで立ち直れたりします。


そのためには、まず、願うこと。

したい、やりたい、ほしい、という欲をはっきりさせること。

はっきりさせたら、次のステップで、どうしたらそれが叶うか考え、実行してみましょう。

学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​