第二候補 TOPイラスト背景.jpg

ピックアップブログ

今回は、「原理原則を使って自分の頭で考える」ことについてお話ししたいと思います。


アテネの生徒さんの中には、どうしても「難しいことをやらなければ」「難しく考えなければ」と思い込んでいる子がいます。


ですが、アテネの基本方針の「原理原則を使って自分の頭で考える」ことは、難しくごちゃごちゃと考える事とは実は真逆で、「情報を整理し、基本の考え方を使って、道筋立てて考える」ことですので、もっと単純で、分かりやすい過程を踏みます。


例えば、「等式の両辺から同じ数を引いても、等式の値は変わらない―①」という原則をアテネは小学6年生で習います。中学の方程式を解くことになった時に、y+2=4の式をy=□の形にする方法を自分で考えなさい、と言われた時に、小学生の時に習った①の原則を思い出して、両辺から2を引いて、y+2-2=4-2よって、y=2だ、と自力で導き出せるのが、「考える力」の一端です。


また、「両辺から同じ数を引いても等式は成り立つ」という原則には、「つり合っている天秤の文鎮を同じ重さずつ左右から引いてもつり合う」という、等式の両辺は同じ数を表しており、そのイメージは天秤で考えられる、という数学的なイメージ・感覚を持つことも含まれています。


四則と整数、小数、分数が入り混じった計算を見た時に、まずは、「×・÷を先に計算してその後に+・-を計算する」「分数は小数に直すと永遠に続くものもある」という基本的な知識に基づき、では「小数と分数の混じった計算の時は、全て分数に直してから計算しよう」「×、÷をまず計算して、その後に+、-を計算しよう」と、情報を整理し、解き方の道筋を立てられることが大切になってきます。これは読解力にもつながります。


応用問題を解けることよりも先に、①基本の知識・原則をしっかり覚える。②問題文を整理して、問題文に忠実に式を立てる。③立てた式を、原則を使って、解を導き出す。この基本的な練習を日常的に行うことが、考える力を養うきっかけになります。


正確に情報を読む力や情報を整理する力は勉強以外でもつけることはできると思います。例えば、手順通り忠実に料理やお菓子を作ることで正確に情報を読む力を、カバンの中身や部屋をすぐに見つけやすく整理整頓することを通して、情報を分類・整理する練習ができます。


塾で学ぶ時間は1~2時間と、一週間で考えるとほんの一瞬の時間です。自習への取り組み方や日常生活をどう過ごすかで、お子さんも変わってくると思います。

ピックアップブログでは、過去のアメブロ記事で大切なものを、手直しして掲載しています。

=========================


こんにちは。

寺子屋アテネです。

数学(算数)の授業中、

集中のムラがすごくて、

みんな途中で色々なミスをします。

写し間違え。

途中で数字が変わっている。

計算間違え。

見間違え。

約分し忘れ。

etc…。

間違えたら、間違えた個所をどこと言わずに、

「間違ってるよー。自分でどこが間違ってるか考えてみな~」

とノートを返して、

自分でどこが間違ってるか考えてもらうのですが、

計算間違いの沼にはまってしまうと

集中力も切れてしまい、

えー!?どこ!?わかんない!!

先生教えて~!

どこ間違ってるの~!?

と甘えたモードになる子も多いです。

そこで、生徒にはこんなお話をします。

「自分で間違えを見つけられなかったら、

見直しできないよ。

見直しできないと、テストでも

間違いを見つけられないまま終わって、

間違ったまま提出しちゃうよ!」

見直しを自分でできるようになること。

自分で自分の間違えを見つけられること。

例え集中力が切れていて、

ミスばかりでも、

そのミスを見つけて直せること。

見直しの練習をして、

間違いが見つけられるようになれば、

社会でも重宝しますし、

小学・中学の頃は見直しの時間が取れる子が多いと思うので、

テストで正解の精度を上げるのにも役立ちます。

(高校では、時間ギリギリで解けるかくらいの問題設定が多いので、

見直す力より、最初から間違えずにきっちり解く力が求められます)

色々自分なりに、試行錯誤をしてみて、

自分で自分の間違いに気づけるようになりましょう。

ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿から、重要だと思ったものに手を加えてお届けしています。

今回は、2019年9月30日の投稿からお届けします。


=========================================

TOYOTAの社長の発言で、

『正解の選択をする力じゃなくて、

自分が選択したものを正解にする力が必要なんだよね』

という言葉が印象的だったというツイートを見ました。

私たちは、学校の教育で、

『間違えない』

『社会の思う正しいことを選択する』

ことを教えられてきました。

発言をするのも、挙手をして、正解の回答をすること。

読書感想文も、いいことを書くこと。

道徳の授業では模範的な回答をして。

学校によっては、偏差値の高い大学にいくことが良いことだと言われたこともあるでしょう。

失敗は恥ずかしいこと、

レールから外れることは、

悪いことだと思っている人も多いかと思います。

でも、

最近思うのは、

「その時失敗したと思って落ち込んでも、

あとから振り返って、あの時の失敗があったから

ここで失敗の時に得た経験を活かせた」

と思うことは、人生の中で多いということ。

その時は失敗・間違いだと思っても、

後から振り返ると大切な経験だったと思うことは意外と多いです。

あの時大変だったけど、この選択・経験をしておいてよかった。

そう思えたら、それはもう失敗でも間違いでもありません。

例えばこの先、

大切な入試で答えを間違えることも、

先生に怒られることも、

恥ずかしいと思う経験をすることも、

もしかしたら志望した学校に入れないことだって、

あるかもしれません。


成功よりも、失敗からの方が、

学ぶ点は自分で見つけやすいと思います。

今は失敗だと思っても、

いずれはこの経験も良かったと思える時が来るんだと思うと、

少しは荒れている心が落ち着くかもしれません。


底につくまで落ち込む、というのも、

底に着いたらあとは浮上するだけなので、

ひとつの手法ですが、

失敗に押しつぶされそうになった時は、

この記事を思い出してみて下さい。