ブログのなかで人気のあった記事をピックアップしてお届けします。

2019年7月9日の記事です。



昨日は中3の新しい生徒が入ったので、

私も授業を見学してきました。


有理数、無理数が分かんない。

と言っている子に対しての塾長の説明が面白かったので、

紹介します。


塾長のはじめの質問は、

「人間が初めて使った数字は何だと思う?」

という質問でした。


生徒はわかんない…という顔をすると、

「初めの頃は、何のために数字を使っていたと思う?」


それに対して生徒は半信半疑で、

「物を数えるため?」

「正解。物を数えるのに必要な数字は?」

「1,2,3,4,5…」

「そう、それを正の整数、または自然数と言います。

数えるものが、10から二桁になる。


10から2桁になるのは、ある一説では手の指が10本だったからと言われています。

10の0だけど、これは数字ではなく”空位記号”という「からっぽ」を表す記号だった。

10だと、1の位がからっぽ、100だと、10と1の位が空っぽという意味です。

この記号を、数字にしたのがインドの人です」

「はい」


「さて、物を数えるうちに足し算や引き算が出てくる。

正の整数どうしを足しても正の整数になるが、

5-7など、ひき算の答えは必ずしも正の整数では表せない。

そこで-2などの負の整数が生まれました。

この正の整数と0、負の整数を合せて整数と言います。」

「はい」


「さらに、かけ算とわり算が出てきます。

整数どうしをかけ算しても整数ですが、

2÷3など、わり算の答えは必ずしも整数では表せない。

そこで2/3などの分数が生まれました。

整数と、分数を合せて有理数と言います。

有理数とは、分数で表せることができる数です。

整数も、例えば3は、3/1や9/3など、分数で表せます」

「はい」


「それに対して、分数で表すことができない数が無理数です。

√2、√3、√5など。

ところが、無理数は全て√になるが、

√がつく数は無理数とは限らない。

例えば、

√0=0

√1=1

√4=2

で、これらは有理数(整数)です。

√2、√3などの

分数や整数で表すことができない数が無理数になります」

「はい」


「有理数と無理数は、数直線上で全ての数の大小関係が表せます。

それを実数と言います。

それに対して、虚数は大小関係がありません。

これらを合わせて複素数と言います。」


文章で書くとちょっと難しいですが…。

文章の一番初めに図を貼っておくので見て下さいね。


アテネは基礎力を大切にする、と言っていますが、

その中には、体系的に学問を学んで知識を腹に落とし込むということも含まれています。


中3ではまだ虚数は習いませんが、


全体像を見るために、説明する。

体系的に全体像を見る勉強は、

まだ習ってない知識も出てくる一方で、

全体が見えるから理解しやすい、

知識として覚えやすい、というメリットがあります。


また、知識が広く繋がっているので、

記憶が薄れても知識がバラバラにって頭が混乱することは少ないです。

参考書ではなく、


簡単な学術書などには、こういった情報が山ほど詰まっていたりします。

こういう本は図書館にも置いてあります。

(司書さんに聞くと良いと思います)


自分で調べ、起源を学び、体系を知り、腹に落とし込む。

勉強って、面白いなぁとしみじみ思います。


===================

「点」ではなく、「線」。

「線」から「面」の教育を志しています。


体系の中に、個々の流れがあります。

それを知って、腹の中に落とし込む。


公式もただ覚えるのでなく、

なぜこの公式になるのか成り立ちを考え、

説明してもらい、理解する。


それが、アテネの大切にする「原理原則を理解する」ということです。

  • 寺子屋アテネ

インスタグラムから人気のあった投稿をピックアップ、加筆して投稿しています。

2019年7月21日の記事です。

本日は、科学の講習会、

ハイパーポンポン船を作ろうを行いました!


内容の企画は当日の運営は三重大学のチームにお願いしておりました。

ハイパーポンポン船って、

崖の上のポニョに出てくるものだったんですね!


知らなかった…(どんなんだろうと思いながら告知してた…)


日の力で進む発泡スチロールの船を3個作りました。


1回目は、まっすぐ進む船を言われたとおりに作り、

2回目は、回る船をどうしたら作れるか自分なりに考えて作り、

3回目は、自分の好きなように作ったらどうなるかやってみよう!

という構成だったのですが…。


ただ教えられて作るのではなく、ちゃんと考えることができるように

工夫されている…!


三重大の学生さんたちの、


企画力に脱帽でした。

====================

アテネでは、定期的に科学の講習会を行っています。

令和2年度は、月2回のクラスも始まります。


楽しみながら、科学を「体験する」

知識だけではなく、五感を使って学ぶ。

その「体験」は、きっと、大人になってからもキラキラ輝く宝物になるでしょう。


まだ、3/7、3/21のプログラミングの講習会は空いております。

よければ科学の講習会の無料体験のページをご覧ください。




ブログの中から、過去、人気のあった記事をピックアップしてお届けします。

2019年6月8日の記事です。


最近つくづく思うのは、

勉強を受験のためだけにするのはもったいない!

ということ。


受験勉強は、

目標達成のために自分の実力を正確に把握し、弱点と強みを知り、相手の傾向を知り、

自分に対しても志望校に対しても傾向と対策を立てる、いい機会です。


中学受験は、自分の実力を知り、傾向と対策をするのに適しています。

高校受験は、それプラス志望校の傾向と対策を立てることも重要です。


しかも、3年がかりの一大プロジェクト。

自分プロデュースのプロジェクトですよ。

もちろん3年もあると、小さな山場がやってきます。テストだったり模試だったりするわけです。


スケジューリングや進捗管理だけでなく、PDCAを回すこととが求められます。


新卒でもなかなかできない経験を、やっている。

これができたら一人前の社会人だぞ…!

と毎回思うのです。


もちろん社会人になると、複数人での仕事になります。


学校の受験も、複数人でのお仕事です。

友達とモチベーションを高め合い、先生や塾に助けてもらいヒントをもらい、進める。


友達とは、モチベーションだけでなく、人とのコミュニケーションの取り方を学びます。

楽しいこと、すきなこと、多くの時間を共有する大切な仲間です。


こう思うと、受験って、大人でも進めるのが難しいビッグプロジェクトなんだなー。

しかも子どもは、戦略、分析、スケジュール管理、PDCAを教えてもらっていません。


自分の力で成功までの方法を編み出していく、かげがえのないものです。

頭のやわらかい子どもの時期に、自分で気づき、編み出すというのが本当に貴重で大切なことなのです。


これは社会でも役立つぞ!と意識して、勉強するのと

ただただやみくもに問題を解いて暗記をするのでは、大違いです。

勉強をしている子どもたちを見ていると、いつも思います。

君たちはすごいことをやっているんだよ。

はじめてのことだから、失敗もあるだろう。

でも、それは本当の意味での失敗ではない。

次のための肥料になる。


君は3年がかりの一大プロジェクトの、プロジェクトマネージャーだ。

もちろん1.2年は勉強なんて嫌かもしれない。


でもそれでいい。

このプロジェクトを成功させようと強く思ったとき、スタートダッシュを切れる下地があればいい。

その下地を作るお手伝いを、私たちはしたいです。

学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館

​制作:ハケ織り​