​アテネが
大切にしていること

原則原理を教えるって
具体的にどういうこと?

寺子屋アテネでは、原理原則を学ぶことを大切にしています。

原理原則を学ぶって具体的にどういうこと?どうして大切なの?と疑問に思う方もいるかと思います。
先日、原理原則についてお伝えするのに分かりやすい出来事がありましたので、その時のお話しさせてください。

先日、ポスターやチラシのデザインをしているデザイナーの友達に、見やすいデザインについて教えてもらいました。

その中で、フォント(字体)の話になり、「明朝体は読みにくくて、ゴシック体は読みやすいよ」という知識を教えてくれました。

友達はその後に、
「ちなみに、ゴシック体が読みやすい理由は、文字の太さが均一だからぱっと見ただけでも認識しやすいから。だから、ゴシック体以外でも、文字の太さが均一であれば、読みやすい。
逆に、明朝体は、文字の太さにばらつきがある。太さの強弱がある文字はデザインとしてはかっこいいけど読みにくい」と教えてくれました。

「ゴシック体は読みやすい、明朝体は読みにくい」
だけを伝えるのは、暗記で教える教え方で、
「文字の太さが揃っていると読みやすいから、それを元に考えると良い」
と教えるのが、原理原則を大切にした教え方だと思います。

「ゴシック体は読みやすい、明朝体は読みにくい」
と教えてもらうと確かに役には立ちますが、理由が分かっていないと、暗記することになってしまうので、どっちが読みやすいのだっけ…?と時間が経つと混乱しやすいです。

「文字の太さが均一だと読みやすいからそれを元に考えると良い」
と教えてもらうと、なぜ読みやすいのか?の基本的な考え方の部分が分かります。

この話しは、勉強の応用問題ができるようになるにはどうすればいいか?というお悩みにもつながります。

「ゴシック体は読みやすい、明朝体は読みにくい」
という教え方だと、ゴシック体、明朝体のみでしか使えませんが、

「文字の太さが均一だと読みやすい。だから、ゴシック体は読みやすい」
という暗記での教え方だと、フォント全部の選び方で使えるようになります。

また、万が一、忘れてしまった時も、法則に立ち返って考えることができます。

「ゴシック体、明朝体、どっちが読みやすいんだっけ?」と忘れてしまった時も、「文字の太さが均一だと読みやすい」という法則に立ち戻って、自分で答えを導き出せます。

これは字体のお話ですが、学校教育で、特に数学や算数は、暗記での教え方が多いです。
例えば、なぜ三角形の面積の公式は、「底辺×高さ÷2」なのか?
この公式の成り立ちを説明できるお子さんは、そう多くありません。
アテネでは、その「なぜ?」という理由や成り立ち、暗記やパターンではなく、
根本の原理原則を教えるようにしています。

では具体的にどういう教え方をしているのかというと、
数学では、
台形や三角形、円の面積の公式を覚えるときに、実際に図形を作りながら公式の根っこの成り立ちを教えます。
約分は素因数分解から学びます。

私たちが当たり前、と何気なく行っている計算には、実は大切な理由(原則)があります。
計算の際に、左辺にある「+」を右辺にもってくると「-」、「×」を右辺から左辺に移動させると「÷」になるのは、どのような法則が使われているからでしょうか。

基本原則をしっかりと押えながら、授業を進めています。
「守破離」という言葉があるように、アテネでは、考え方の根本をきっちり学び、応用していくことを大切にしています。

他にも具体的にこんなことを教えています、というお話は色々あるのですが、ブログやSNSで今現在の授業での出来事や旬な情報をお届けしていますので、そちらを良ければご覧ください。

また、興味を持たれた方は、入塾説明会や体験授業で、実際にアテネの教室や、教師の人となりを見てもらいながら、お話しさせていただければと思います。