• 寺子屋アテネ

ピックアップでは、過去のSNSの投稿の中から大切なことが書いてある記事を抜き出して加筆修正し、お届けしています。


今回は、2019年8月20日のアメーバブログの記事をご紹介します。


==================================

今日は小学5年生の数学で素因数分解を行いました。

ただ、問題を解くだけなく

「エラトステネスの篩」

についても説明しました。

「エラトステネスの篩」は

素因数分解をしなくても、

素数が分かるというもの。

解説をして、

図を写してくださいね~。

と言ったのですが、

うまく写せず、

3回も書き直しが発生した子がいました。

「も~!!!!最悪~!!」

といいながらも、その子は笑顔。

周りの生徒も「まじかよ~。どんまい」

と言いながら笑顔です。

この、笑顔って、

結構大切だと思うのです。

笑顔って、心に余裕があるから出るものです。

受験の時に問題を間違えて、

笑える人はたぶん居ません。

一問の正誤が生死を分けるし、

余裕がないからです。

でも、日々の勉強に余裕はとても必要です。

ぴりぴりしたり、焦りながら勉強をしていたら

精神が持たないし、

何より脳は、緩んでいる時に記憶力や集中力が高まります。

ある程度のリラックスは大切。

笑いは、緊張をほぐす効果的なツールです。

3回書き間違えて、

「まじむかつく」

と、本気でキレてしまったら、

そこからの発展・学びはなかなか難しいです。

「も~!!最悪~~!!」

と笑顔で言える余裕に、よしよし、

これからも笑顔で頑張ろうな、

という気持ちになると同時に、

改めて、勉強する側だけでなく、教える側にも、

心の余裕や穏やかさが大切だよ、

と教えてもらった気持になりました。

ピックアップでは、過去のSNSの記事の中から大切な記事を手直ししてご紹介しております。


今回は、2019年8月19日のアメーバブログからのご紹介です。


===================================

夏休み!と思いきや、

一日中部活やら課外授業やら宿題やらで、

あれ?いつもよりも疲れていない?

という生徒を多く見かけます。

特に、小学1年生、中学1年生、高校1年生

は、やっと学校に慣れてきたところでの、

小学校(中学校、高校)入って初めての夏休み。

宿題も多く、

思ったよりも体力や精神力が追い付かず、

へとへと…。

なんてことに。

でも、疲れるほど頑張ったってこと。

自分をほめてあげましょう。

自分をほめて、

回復するまで、休みましょう。

(ここ重要)


ゲームでも、HP(ヒットポイント)

がなくなると戦えなくなったりしますよね?

それと同じ。

疲れ(体力的、精神的に)

は、HPがすっからかんなので(赤ゲージ通り越して0なので)

回復するまで休みましょう。

無理して勉強したりしても、

間違えたり、

思ったように進まなかったりします。

回復速度は人それぞれですが、

回復方法は主に寝ること、

好きなことをしてリフレッシュすることです。

頭と体を休めましょう。

1日で回復する子もいれば、

2日休まないと回復しない子もいます。

疲労度が大きいと、一週間くらい休んだ方がいい場合もあります。

寝て良い。

リフレッシュして良い。

疲れが取れたら、しっかり勉強もしましょうね。

寝るのも遊ぶのも気が向かない子は、

携帯もテレビも見ずに、

いすや床に座って、

ぼーっとしましょう。

気が向かないのに、

なんとなく、

携帯とか漫画とかを読んではダメです。

読みたいし、読んでリフレッシュして元気が出る!のならいいですが、

気が向かないけど時間潰すために(あと何となく回復しそうだからと思って)

行うには向きません。


ぼーっとしながら、

あー、疲れたな―、

頑張ったなー

よくやったじゃん

と、

自分をほめつつ今の状況を味わいましょう。

自分なりの

ヒットポイントの回復の仕方を見つけて、

気力ゲージが満タンになったら、

勉強にも取り組んでみましょう。


集中して取り組むためにメリハリが大切です!





ピックアップブログでは、過去のSNSでの投稿から記事をピックアップ・手直しをしてお伝えします。

本日は、2019年8月5日のアメーバブログからの投稿です。


======================================

今日は、塾長と話していた内容をお伝えします。

「最近の子は、自分で考える時間を取って勉強をしていない。

人に教えてもらうだけじゃ、力はつかないのになぁ」

高校受験までは、

丸暗記の、

問題の数をこなせば解けるような試験でした。

でも、大学受験は?

特に、赤本に載っているような問題は、

試験時間めいいっぱい考えても、

6割くらい解ける子がほとんどで、

満点を取れる子はほぼ居ません。

(大学にもよりますが…)

どんな偏差値の大学でも、

難しい問題も、簡単な問題も出ます。

また、赤本の問題を解いて、

傾向と対策が分かったからと言って、

その傾向は、がらっと変わったりもします。

予想もしていない問題に当たった時、

活きるのは、

「自分で考えて問題を解く力」です。

そのために、日頃から、

分からなかったらすぐ解答をみるのではなく、

ああでもない、こうでもないと

自分の学んだ知識を使って問題を考えてみる癖をつけることが大切です。

試しに予測を立てて解いてみて、

間違っていたら

なぜその予測は間違っていたかを考えて、

自分と解法の認識の差をすり合わせる。


色んな方面で問題を見て、

悩んでみることが、

最終的に自分の力になると思います。


==============================

アテネでは、なるべく勉強を「暗記」で解かず「理解して」解けるように、教え方を工夫しています。

(詳しくはホームページの「アテネの授業」→「*大切にしていること」をご覧ください)

ぱっと解き方が分からない問題は、理解した内容を使って、どう解くのか自分なりに予測を立ててみる。

そして、自分で解いてみる。

分からない問題は、すぐ答えを見るのではなく、一旦悩んでみるようにすると、後々大きな力がつくと思います。

学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館