ピックアップブログでは、過去にSNSで人気のあった投稿に手を加えてご紹介します。

今回は、2019年8月2日のアメーバブログからの投稿です。

========================

小学生の問題を家で解いていて、

1+2+3+…+10ってどうやって解けばいいんだっけ?

と母に聞いたら、

55じゃん。

と返答があり、

答えが知りたいんじゃなくて、

答えが出るまでの考え方を教えてほしい、

となりました。

塾で他の先生に聞いたら、

ひっくり返した同じ数を足して

1+  2+3+…+10

10+9+8+…+1

11+11+11…+11

11が10個ある。同じものをひっくり返して2つ足したので2で割るため、

(1+10)×10÷2=55

となると教えてもらいました。

答えが知りたいんじゃなくて、

他の問題も解けるように、根本的な考え方が知りたいんだけどなぁ…という悩みは

学校でも発生します。

答えしか載ってない問題集…

先生の説明が理解できずにとりあえず写して丸暗記したノート…

親に聞いて答えだけ返ってきたり…

途中の考え方を理解すれば、

類題やちょっとひねった応用問題も解けるようになります。

しかし答えを理解しただけだったら、

いつまででもその問題しか解けません。

これが、

アテネが生徒に教える上で大切にしている姿勢、

答えが合っていればいいいのではなく、

過程の解き方が大切

につながります。

答えが合っていても、

ちゃんと途中過程を理解していなければ、

本当の意味で「問題が解けた」とは言いません。

解き方を理解する。

仕組みを理解する。

理論を理解する。

原理原則を理解する。

この姿勢を、これからも大切にしていきたいと思います。

==========================

同じ原理で、よく授業でも答えだけ、

式も飛び飛びで説明の言葉も書かず手抜きで写すだけの子は、なかなか成績が伸びませんし、問題も解けるようになりません。


ノートを無意識で手抜きをしている子は、意外と多いです。

問題への理解が進まないだけではなく、小学生・中学生ではノートを提出することもあるので、提出点も低くなります。


なので、まず初めの一歩として、「ノートをしっかり取ること」を心がけてみましょう。


もう一歩踏み出すと、黒板に書かれた情報以上を書き込むことも大切になります。


途中の考え方を理解するための工夫はノート以外にもいろいろあります。

自分なりのやり方を試してみましょう。

  • 寺子屋アテネ

ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿から人気のあった記事をピックアップしてお届けします。

本日は、2019年7月30日のアメーバブログの投稿です。

=============================

今日は、

私が高校時代に先生から聞いて実践していた

「暗記のコツ」

についてお話したいと思います。

脳は、眠ることによって、情報を整理します。

整理の際に、不要だなと思った情報は、削除されます。

なので、眠ると多くのことを忘れちゃうんですね。

でも、眠りは記憶を定着させるためにとても重要な役割を担っています。

整理された情報は、長く記憶に残り易いのです。

そこで言われたこと

①暗記物は寝る前に覚える

②朝起きてからすぐ昨夜寝る前に覚えたことの復習をする

③記憶を整理するために、しっかり寝る(可能であれば8時間)

①で眠る前に暗記をすることで、記憶に残り易くして、

②で定着した記憶をより強固なものにし、

③で忘れた記憶を引っ張り出す作業をします。

「寝る前に暗記→朝起きてすぐ復習」

は簡単にできますし、

個人的にはかなり効果があったのでおすすめです。

また、リラックスしている時は暗記がしやすい、

という話も先生から聞きました。

なので、

お風呂を入る前にぬれてもいい紙数枚に覚えたいことをまとめて

お風呂に入りながら紙に目を通す

というのも試験前によくやりました。

少ない枚数にまとめる、という行為も頭の整理に役立つので、

まとめたものを持ち込んで→お風呂に使ってゆっくり見る

ことも、効果がありました。

お風呂で暗記は、特に、歴史などの暗記する前に情報を整理した方がいい教科におすすめの方法です。

暗記方法には向き不向きがあるかと思いますが…。

どちらも簡単にできることですので、

良ければ

一度実践してみて下さいね。

===========================

自分に合う勉強方法は人それぞれ違います。

色々情報を仕入れて、実践してみて、効果を測定し、

自分に合う暗記方法を見つけ出してみましょう。

  • 寺子屋アテネ

ピックアップブログでは、過去のSNSの投稿で、人気のあった記事をピックアップしてお届けしています。

今回は、2019年7月29日のアメーバブログからの抜粋です。

===================

こんにちは。

今日の小5の読書の授業は、

・小4の振り返り漢字テスト

「何で読書の授業なのに漢字やるの~?」

「漢字読めないと本読めないからね~」

「読み仮名ふってあるからいいじゃん」

「中学の教科書に読み仮名はふってません」

「まじで?」

「まじで」

というやりとりをしつつプリント3枚解いてもらって…

・故事成語プリント

「辞書で調べてもいい?」

「いいよ」

優秀優秀と進め…

・敬語プリント6枚

「めんどくさーい!」

「がんばれ!」

気合で解かせて

・脳トレテスト

楽しく解けるように計算されたゲームのようなテスト。

「これたのしい~」

ささっと解いて終わりました。

最後に、『羅生門』の2ページを印刷して、

色がついている単語に〇をして、

想像した色を書き込んで、

最終的に冒頭の話で浮かんだ風景を絵に描く。

ということをやりました。

小説の描写を、

カラーで頭の中で映像化できるように練習しておくと、

読解が深まります。

具体的には、

小学生のうちは、

情景描写がしっかりした文章を2ページくらい抜き取って、

〇をつけて色を書き込み、

最終的に2ページに出てくる情景描写を絵で描く

というのを時々やらせる。

小2、小3、小4では絵付きの読書感想文を授業のたびに書くのですが、

学年が上がってきたら、ちょっと難しい文章で行います。

正確に情景描写を読み取って描けるようになれば、

正確に心理描写も読み取り易くなります。

読書が苦手な子は、ひとつひとつの文章を丁寧に読むことが苦手です。

正確に情報が読み取れないのです。

あるツイートで、

「国語苦手な子に、

レシピ本を使って親に聞かずにその通りに料理を作ってみよう。

と言って何ヶ月か実践してもらったら

数学と国語の点数が上がった」

というのがありました。

これは、正確に情報を読み取る能力が上がった結果です。

レシピ本でも、お絵かきでも、読解力が上げられる。

身近なところから、少しずつ。

苦手を克服していきましょう。

===========================

料理本通りに料理を作る、文章で書いてあることをお絵かきすることの他にも、

スポーツ好きな子はスポーツ選手の本を読む、

宇宙が好きな子は宇宙の本を読む、

ゲームが好きな子は有名なゲーム開発者の本を読む…。

好きな分野について書いてある文章を熟読させるのも効果的です。

まずは楽しんで、苦じゃなく、面白いと思ってできることが大切だと感じています。


学習塾 寺子屋アテネ

​〒511-0077
三重県桑名市末広町10 オリーブビル2階

近鉄・JR「桑名駅」から徒歩5分

近鉄・JR「名古屋駅」から電車と徒歩で約25分

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

©︎ 2019 一般財団法人 アテネ会館